【ミニマリストのワンピース】選び方の心得5選
スポンサーリンク

ミニマリストとは、必要最低限の生活必需品で暮らしていく、シンプルライフスタイルを実践する人たちのことですが、それは洋服のワードローブにもあてはまります。洋服を断捨離すると、本当に自分に似合う服や、お気に入りの服だけを手元に残すことになるので、タンスの収納スペースを削減できるだけでなく、毎日の洋服選びにかける無駄な時間も省くことが出来るのです。

とは言え、無駄な洋服は持たないミニマリストでも、お洒落は楽しみたいですよね。

そこで女性ミニマリストにオススメしたいのがワンピースなのです。

【ミニマリストのワンピース】選び方の心得5選

今回の記事では、ミニマリストの私がその選び方の心得に関して5つ紹介していきます。

  • ワンピースは上下が繋がっているので、トップスとボトムスをコーディネートする必要がなく、さらにはドレッシーな雰囲気を出してくれるので、着るだけでフェミニンな装いにすることが出来ます。
  • 簡単に着こなすことが出来て、時短にもなるので、最小限の時間とコストで生活するミニマリストにはうってつけの優秀な洋服と言えるでしょう。

あなたはもう毎日のコーディネートに悩む必要はありません。そしてワンピースは体型のコンプレックスもカバーしてくれるので他人からの視線を気にする必要もありません。

今回は女性ミニマリストにおすすめしたいワンピースと、ミニマリストの極意を合わせてご紹介したいと思います。皆さんの参考になれば幸いです。

心得①:まずはベーシックな黒を揃えるべし

フォーマルでもカジュアルでもキマる!黒のワンピースを1着用意しよう

黒は冠婚葬祭の時の基本の色とされているほど、ベーシックでオーソドックスなカラーです。その為どんな色とも相性が良いのです。

引き締め効果があり、高級感を感じさせるのでフォーマルな場面にも着られますし、素材や組み合わせるアイテムによってはカジュアルに着こなすことが出来ます。

着回しができるので、ミニマリストとしては是非一着は持っていたいものです。

ポイント
しっかり長めの丈が今どきの黒ワンピース。黒はカラーセラピー的に感情を抑える効果もあるそうですよ。冷静な判断や論理的な思考力が求められる場面にも活用したい一着ですね。

黒のワンピースと言っても形は様々!さりげないお洒落を楽しもう

いくらミニマリストだからと言っても毎日同じワンピースじゃ飽きてしまうんじゃない?と思われるかもしれません。

しかし、毎日黒ワンピース生活を実施している多くのミニマリストが「飽きない」と断言しています。

それどころか収納すべき洋服は最低限で良いし、物を減らせるし、意外とアレンジ方法がたくさんあって自己表現の幅が広がると皆さんメリットの方を強く感じるようですよ。

それでもいきなり洋服を減らすのは不安!という方はまずデザイン違いで黒ワンピースを揃えてみるのは如何でしょうか。

黒ワンピースと一口に言っても素材や形、丈の長さなどはそれぞれで、その種類は無限にあります。

ポイント
膝丈の黒ワンピはフェミニンでデート向き、ロング丈は縦ラインが強調されてスタイルアップ!大人のこなれ感を演出してくれます。その中から自分のお気に入りを見つけて、毎日着回していくのもいいかもしれません。

心得②:シンプルなデザインを揃えるべし

柄や色ですべての印象が決まる!ワンピースは「お洒落の土台」だと意識して

ワンピースは上下がつながっている為、柄や色がダイレクトに服の印象を決めます。着回しを意識するなら、なるべく柄や色がシンプルなワンピースを選びましょう。

特に黒・白・ネイビー・グレーなどのベーシックカラーを揃えておくとアレンジがしやすいです。色を足したい人は小物やバッグ、靴などでアクセントカラーを差し色にすると個性が出ますよ。

ポイント
ベーシックカラーはファッション初心者さんでも簡単に、そして時間をかけずにコーディネートすることができます。どうしても柄物やトレンドを取り入れたい人は全体の2割に抑えるようにしましょう。

大切なのは「ワンピースが主役になりすぎないこと」です。

何回着ても飽きないお気に入りのデザインを見つけよう(テイストを統一しよう)

ポイント
ファッションにはコンサバ、カジュアル、フェミニン、スポーティー、オフィス、フォーマル、ユニセックスなど様々なテイストがありますが、あなたがミニマリスト的ファッションを目指すなら、普段着る洋服のテイストを統一しましょう。

というのも色々な種類のテイストの服を持っていると、それだけ収納が嵩みますし、コストもかかります。

「自分に本当に似合う物だけを上手に着回す」のがミニマリストの信条なので、流行りに乗っかった服などは一時的にしか着られず、結局無駄になってしまいます。

また、女性もしくは男性ウケがいいからという理由で洋服を選んでいても、結局それは他人目線で判断しているにすぎないので、自分に合った服を着るというミニマリストの本質からずれてしまいます。

自分の納得のいく、お気に入りのテイストで自分をコーディネートしてみましょう。

心得③:洗濯できる素材を揃えるべし

クリーニング代をカットできる!洗える上質なリネンやコットンを選ぼう

レーヨンやシルクのワンピースも素敵ですが、家庭での水洗いができないので、そればかりを揃えてしまうと今度はクリーニング代が嵩んでしまいます。

ポイント
ミニマリスト的ファッションはコストも重視しているので、不要な維持費はなるべくカットしていきましょう。「着回す」ことが大事なので、何回でも家庭で洗えるような素材が望ましいです。

とはいえ、中には「せっかく少ないお洋服でやりくりするのだから、上質な生地のワンピースが欲しい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には上質なリネンやコットンのワンピースをおすすめします。

リネンは涼しくて着心地が良いので夏のお洒落に最適です。お洗濯しても乾きやすいのもポイントです。

また、コットンワンピースも通気性や吸水性に優れ、柔らかで着心地が良いので季節を問わず着ることができる素材です。長袖カーディガンやニットを重ねたり、ガウンのように羽織ったりとコーデ次第で春夏秋冬活躍してくれます。

リネンもコットンも非常にサステナブルな素材なので、環境への負荷を重視する方にも嬉しいワンピースですね。

ポリエステルや合成繊維はアイロン要らずで手間も省ける

リネンやコットンは比較的高価なのに対して、ポリエステルを始めとする合成繊維は大量生産である為安く手に入ります。

ポイント
ポリエステルは軽くて丈夫で形崩れしにくく、しわになりにくいのでアイロンをかける必要がありません。手間とコストをカットした、まさにミニマリストのためのワンピースと言って良いでしょう。

ただし、ポリエステルは色落ちしやすいので、前の項でも既に述べたとおり、シンプルなベーシックカラーの洋服を選ぶと良いかもしれません。

心得④:3シーズン着こなせるものを揃えるべし

春・夏・秋用(3シーズン)ワンピと冬用ワンピの2種類に絞ろう!

季節が変わるとついつい「可愛い春服出てるな」とか「真冬のもこもこファッションあったかそう!」と食指が動かされますよね。お洒落が好きな人なら尚更季節ごとの洋服を揃えてしまうでしょう。

ですが、ミニマリストを目指すのなら、そこはグッと我慢!春から秋にかけて3シーズン着られる服と冬服のみに絞りましょう。

ポイント
単純に全体の洋服数を減らして断捨離するのであれば、一つの洋服であらゆる場面や季節に対応させなければなりません。前の項でも紹介していますが、素材を意識すると3シーズン着られる服が見つかりますよ。

オールシーズン着られるものも揃えてみよう!

素材や色に季節を問わないワンピースは年間を通して着られるので、倹約に繋がります。

アドバイス
夏しか着られない麻素材や、冬しか着られないフランネル素材などは、季節限定の服なので、それだけワードローブが余計に増えてしまいますし、管理もしにくいです。

常にオールシーズン着られる服しか置いていなければ、衣替えをする必要もありませんし、服も選びやすいですし一石二鳥なのです。

オールシーズン着られる服はミニマリスト上級者ですが、この機会にチャレンジしてみては如何でしょうか。

心得⑤:身の回りのアイテムで変化を楽しむべし

カーディガンやジャケットでひとさじのアレンジを

シンプルなワンピースを選んで、さらにアクセントとしてのお洒落を楽しみたい方は、カーディガンやジャケットをコーディネートしてみましょう。ベーシックなワンピースが簡単に表情を変えることができます。

  • 薄手のカーディガンは真夏なら上から羽織るもよし、秋冬ならボタンを止めてトップスとしても着回しができます。
  • 綺麗めのアウターを揃えておけば、ボトムスによってはカジュアルにもなりますし、コンサバ系のパンツやスカートと合わせればオフィシャルの場でもふさわしいスマートな装いになります。
  • 真冬のコートはフードの取り外しができる物を選べば、TPOに応じてカジュアル/クラシックの切り替えができますよ。

バッグや靴、アクセサリーでも変化をつけて楽しんで!

ファッション小物を充実させれば、たとえワンピースが数着しかなくとも十分に変化をつけてコーディネートを楽しむことができます。揃えるべきは洋服ではなく小物なのです。

でもそこはやっぱりミニマリスト。少ない小物が様々な表情に化けられるように工夫してみましょう。

バッグと靴に共通することは「スポーティーとクラシックの2種類のみ揃えれば良い」ということです。

アドバイス
靴であったらスニーカーと黒パンプス、バッグであればキレイめトートバッグとリュックorショルダーバッグといったように対極のテイストを2種類揃えておけばそれだけで様々なアレンジが可能です。

また、洋服で全体のトーンを抑えているので、バッグや靴などの小物は差し色になるように明るい色味の物を合わせても◎。

その他、ネックレスや指輪などのアクセサリー、ベルト、ショールなどを場面に合わせてプラスしてあげるのもミニマリスト的オシャレのコツ。色々なアイテムで是非あなたなりのオシャレを楽しんでくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。一口にワンピースと言っても、その着こなし方や他のアウターとの合わせ方、バッグや靴などの小物とのコーディネートなど、お洒落の楽しみ方は無限にあります。

着こなし一つで「主役」にも、周りのアイテムを引き立てる「名脇役」にもなれる、大変優れた洋服です。

この記事を読んでくださっているあなたも、是非普段のコーディネートにワンピースを取り入れて、ミニマリスト的ワードローブを楽しんでみてください!きっと前よりお洒落が楽しく、そして管理しやすくなると思います。

ところで、ワンピースを好んで着る女性は「愛されたい」という欲求があることが心理学的根拠として判っているそうですよ。

確かにワンピースはフェミニンで可愛らしい印象を受けますよね。万人受けする洋服なので、オトナ可愛いワンピースのコーディネートを楽しんじゃいましょう!

 

おすすめの記事